ヲハニュース

日々のニュースサイトです

ネットのデマ拡散の要因、大麻は悪という偏見が助長されるニュース、グーグル検索がモバイル版サイトを最重要視、マンガ向けKindle端末発売、など

2016年10月18日のヲハニュースをお届けします。


なぜネット上にはデマや陰謀論がはびこり、科学の知見は消えていくのか:研究結果|WIRED.jp

「同質性」
「エコーチェンバー」
「確証バイアス」

科学的知見も、陰謀論やデマといった情報も、どちらも「同質性」をもつプラットフォーム内でしか伝播しないことがわかっている。
「自分の価値観を否定するもの」や「目にしたくないもの」は、アンフォローなどで自主的に排斥される。このようにして、SNSプラットフォームは、あたかも自分自身の声が反響しているかのような“類友同士”の場となる。これが「エコーチェンバー(共鳴室)」と呼ばれる空間だ。つまり、パーソナライズされたSNS上の空間とは、自分の脳内をアイデンティティの許容範囲にまで拡張させた、自分自身の境界ともいえる場となるのである。
なぜ陰謀論やデマは、世の中にはびこり続けるのか? サイエンスニュースと違い、それらには、もともと科学的裏付けが曖昧という性質がある。よってネットで検索すると、賛否両論の意見が見受けられるものだが、「人々は自分の信念と共存できる“証拠”だけをシェアするのだ」と、クアトロチョッキは上記動画のなかで述べている。
人々が、ある情報の真偽に対するリサーチをする目的は、すでに自分のなかで決まっている“答え”を確認する行為でしかない。ゆえに、最初から信念に反論する情報には目を通すことをしない。これが「確証バイアス」であり、偏った思考をつくり出してしまうものだ。

 

町おこしで栽培許可 大麻取締法違反容疑で逮捕 | NHKニュース

なにやってんだか。
大麻草は悪いものという偏見」が助長された。

 

消えた芸能人 - webやぎの目

ネットは自分がやめなければずーっと続くのだ。ひとりでできるし、ウェブサイトだけなら作るのにそんなにお金がかからない

やめなければおわらない。
これが真理。

失われたインターネット文化『キリ番』『バナー交換』等々これ全部理解できたら…?「懐かしすぎる」「1つも分からない」 - Togetterまとめ

そんなに昔のことではないように感じられるのは年をとった証拠か。

[訂正] Google、モバイルファーストインデックスへ移行する計画を発表 ::SEM R (#SEMR)

ふむふむ、様子見。

 

プログラミングをやってみたい

マジレスすると、コンテンツ作成をがんばった方が良い。アトピー関連情報のリンク集や解説記事を自分で作って公開して運営して、で、その際に自動化が必要な部分が多くなってきたらプログラムを勉強したら良いかと。

映画館に行ったら普通の商業広告が流れてたんだけど・・・

いろいろ経営的なアレなんだろうなとは思うけど、そのうち本編の途中にCM入ったりしそう。15分に一回とか。映画館のテレビ化。

アマゾン、従来比8倍のストレージを搭載したマンガ向けKindleを日本限定発売 ~Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル - PC Watch

マンガ特化型キンドル
なるほどー、な売り方。

ついでに従来のも速くなるそうな。これは期待。